弁護士

相続関連の問題が増加傾向|弁護士登場で即解消

負債を相続しない手続き

弁護士

遺産相続とは、必ずしもプラスの財産とは限らず、負債の場合もあります。その場合は「相続放棄」の手続きをすることで、負債を相続しないで済みますが、同時に、現金や土地・家屋等も放棄することになります。「相続放棄」の手続きは、3ヶ月以内に家庭裁判所に申請して、承認されると成立します。

Read More...

問題を解決するには

老人

相続問題は素人だけで解決するとなると、非常に長引いてしまうケースがあります。ですから、まずは法律のプロフェッショナルである弁護士さんに依頼するのが良いでしょう。川崎には多くの弁護士事務所がありますので、色々と調べて相談するようにしましょう。

Read More...

税と手続き

老人

日本の税制において、相続税と呼ばれる税が規定されています。この税は、近年の税制改正に課税が重くなってきており、節税策などがメディアによく出てきています。亡くなった際の手続きのひとつとして遺産分割があり、民法にもさまざまな規定が設けられています。

Read More...

遺言書の作成が重要です

専門家への相談する

弁護士

平成27年1月以降の相続については、改正相続税法が適用となります。これまで相続人が3人であった場合には、8000万円までの財産には申告と納税は不要となっていました。今回の法律改正により、この限度額が4800万円に引き下げとなりました。法律の改正により、これまで以上に申告と納税が必要となる者の増加が見込まれています。土地の評価の高い都心部で戸建住宅を所有するサラリーマンでも、相続税の申告と納税が必要となる場合があります。相続税の申告が必要となる方は、生前から納税額を減少させることも検討しておく必要があります。相続の手続きや申告を円滑に行うためには、弁護士や税理士などの専門家に相談することが効果的です。

遺言書の作成が重要です

相続が「争族」とならないように、生前から十分な事前準備を行っておく必要があります。また、誰にどの財産を相続させるかを明確にするためには、遺言書を作成しておく必要があります。遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言などの種類がありますが、いずれも法律的な要件がありますので、遺言書が無効とならないよう注意する必要があります。遺言書の作成については、法律の専門家である弁護士や司法書士などに相談することが効果的です。また、相続発生後には、弁護士等に財産調査や遺産分割の手続きなどの法的行為を依頼することもできます。相続を円滑に実施するためには、遺言書の作成と弁護士や税理士などの法律や税法の専門家に相談することが効果的です。